他国一生のジレンマ海外で暮すに関して

我々なら、どうするかな・・・と考える事は、山のようにあります。他国のライフスタイル、第三国一生が長いので、和風ならどうするかな、こういう不調はどうして解決するかなと企てる事も多いですが、和風と比べてもソリューションがでない事があるので、諦めるか、違うコツを思い付くように原理回路を何かと巡らせて、連日頭を悩ませている事もあります。その一種に、第三国暮らしをしていて、万が一自分1人の生活になったらという事です。初めは大学生という用で、この国で1人で何の将来の問題を考える要素無く、単に勉強に苦しんで?それとも勉強にこぶしを抜きすぎてテストになると苦しんで?いました。今は、大学生ではなくきちんとした?大雑把な?労働者?偽大人?として生活している。ただし、大学生の身分で海外で暮らしているわけではないので、何かしらの役職を持たなくては行けません。それが女房であっても、妻であっても、はたらく女性であっても何でもいいのですが、どっかの社会に属さない限り、オタクの場合であってもいよいよ生活をしていかなくては行けません。こういう不景気なので、仕事がある人類ばかりでは乏しいのでしょうが、売買がない人類は、各国から何かしらの仲間があるのですが、その仲間を貰うコツも私たち外人は、どうにかして調べないとわからないわけです。http://decaymovie.com